2016.05.09

[輝け!愛媛のアスリート]優勝を目指す 泉宗心音選手(2016.2.3放送)

聖カタリナ学園高校2年の泉宗心音(いずむねしおん)選手。

身長157センチの身体全体を使ったフォームから繰り出す
力強いボールでピンを倒します。

泉宗選手がボウリングを本格的に始めたのは小学4年生の時。

愛媛県ボウリング連盟がえひめ国体の
有望選手を発掘しようと行ったボウリング教室の
メンバーに選ばれたのがきっかけでした。

泉宗選手
「本当に選んでくださった県連の方々に感謝したいし
コーチも一緒になって選んでくれたので、選ばれなかったらここまで
なれてないのでほんとに感謝してます」

メンバーに選ばれた泉宗選手は
アジア大会で銅メダルを獲得した和田幸正さんに
基本から徹底的に教わりました。

メキメキと上達した泉宗選手は
中学2年の時に出場した全日本中学選手権で初優勝。
その成績が認められ最年少でユース日本代表入りを
果たしました。

和田さん
「ダイナミックなフォームから投球されるスピンのか
かったスピードボールですね。ピンを倒すパワーがもの凄いですね、
気持ちいいです」

2014年に行われた世界ユース選手権では
4人チーム戦で日本の初優勝に貢献するとともに
個人総合優勝を飾るなど大活躍を見せます。

また長崎国体では個人戦で初優勝、
去年のわかやま国体でも団体で優勝するなど
日本のトップクラスの選手に成長しました。

来年開かれるえひめ国体の時には高校3年生。
優勝に大きな期待がかかります。

泉宗選手
「来年はえひめ国体もあるし、もっと世界でどんどん
活躍できるように一生懸命練習もしたいし、えひめ国体は優勝できるように頑張りたい」